カルチャースクールの講師になる方法

得意なことを生かしてカルチャースクールの講師に!

今は色々なハンドメイドが流行っています。

得意な分野があれば、それを生かしてカルチャースクールの講師として働くことができます。

私は7か所のカルチャースクールで講師としてレッスンをしてきました。

現在も5か所のカルチャースクールで教えています。

 

カルチャーで講師になるために必要なこと

カルチャースクールの講師になるために下準備として

イベントなどに参加をして実績をつくることです。

大型のイベントに参加することでカルチャースクールへアピールができます。

私も実際に講師になる前に、

  • 大型イベントに出店
  • 百貨店でワークショップ開催
  • 都心でワークショップ開催

などを行ってきました。

講師になるためには履歴書を書かなければならないので

実績があればアピールすることができます。

面接に行けることになれば、資料や作品を持参します。

自分の作った作品、自分の活動内容、実際にカルチャーで教えられる内容をまとめたレポートを提出すると好印象となります。

カルチャー講師になるメリット

カルチャー講師となるメリットはいくつかあります。

  • 無料で宣伝がしてもらえる
  • 自分の今後の活動への実績となる
  • 周囲から講師をしたことで仕事として認めてもらえる
  • 自分に自信がつく

カルチャースクールでは、数回にわたり折込チラシを入れてくれます。
多くの人に自分の作品や活動が知ってもらえるチャンスです。
またこちらはカルチャーがすべてしてくれるので無料なんです。
自分でフライヤーを作ったり、配布するのはとても大変です。

次に今後お教室を運営していく上で、カルチャーで講師をした経験があることは生徒様への信頼感につながります。
私も実際に生徒様から「こんなところでも教えているんですか?」とよく言われます。

さらにハンドメイドを仕事にしていくうえで大切なことは、きちんと仕事にしていけるかどうか、ということ。
”ハンドメイドが仕事としてやっていけるのか?”と疑問に思ってる方は多いはずです。
カルチャーで講師として働くということは、ハンドメイドも仕事になることの証です。
周囲からも仕事としてやっていけることを認めてもらいやすい近道といえます。

最後に、カルチャーで講師となると色々な生徒様に対応しなくてはいけません。
たくさんの要望も出てきます。
また、カルチャー側のスタッフの信頼も得なければなりません。
これらのことをこなしていくことは意外と大変です。様々なことを考えながらやっていきます。

カルチャー講師のデメリット

デメリットもいくつかあります。

  • 交通費が出ない。
  • 講師料が安い。(受講料の30%くらい)
  • 準備が大変。
  • 大荷物で移動。

金銭的には決してよくありません。
赤字になることはないと思いますが、稼ぐことが目的だったら厳しいと思います。
材料費は生徒様からもらうことができます。

まとめ

実績作りのためにチャレンジするにはとても良いと思います。
実際には、カルチャースクールとレッスンの打合せができても開講できるかどうかは分かりません。
生徒様が集まらないと開講できないからです。
カルチャースクールに聞くと「開講されるのは全体の40%」だそうです。
厳しい現状はありますが、是非チャレンジしてほしいと思います。

八王子教室 10/3(水)10:00 満席
よみうりカルチャー八王子 10/4(木)10:30 残1名

八王子教室 10/5(金)10:00

イオンカルチャー若葉台 10/7(日)10:30 体験レッスンあり
八王子教室 10/11(木)10:00 満席
八王子教室 10/12(金)10:00 残1名
ハンドメイド作家・講師のお茶会 10/14(日)13:00 残2名
八王子教室 10/15(月)10:00 満席
八王子教室 10/17(水)10:00 満席
八王子教室 10/18(木)10:00 満席
南大沢カルチャースクール 10/25(木)10:15
渋谷キャストワークショップ 10/27(土)10:30 満席

新宿京王百貨店ワークショップ 10/29(月)10:30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です